漬けものと健康

「腸内環境」の改善に貢献する乳酸菌

「腸内環境」を整えるのに注目されるのが、
日常の食生活で手軽に摂取できる善玉菌 ――それが「乳酸菌」です。

この乳酸菌を生きたまま摂取することによって、腸内の善玉菌の勢力が高まり、
毎日の便通が改善することが良く知られています。

さらに最近に研究で、小腸にあるパイエル板にこの生きた乳酸菌が作用することで、
様々な「免疫担当細胞」が活性化することが明らかになってきました。

これが乳酸菌がもたらす「腸管免疫」活性化のしくみです。

生きた乳酸菌によって、より効率的に「腸管免疫」を活性化するには、
口から入った乳酸菌が胃液かや腸液で死滅せず、
確実に「生きて腸まで届き、腸で力強く生き抜く」ことが望まれます。

つまり、強い力を持った乳酸菌の方が、より大きな効果が期待できると考えられているのです。

期待の乳酸菌「植物性乳酸菌」

腸内環境を整え、「腸管免疫」の働きを正常にするために、
腸の中でも生き抜くチカラが強い乳酸菌が望ましいことは前項でお話しました。

その「生命力が強い」乳酸菌として最近注目されているのが「植物性乳酸菌」という乳酸菌です。

「植物性乳酸菌」とは、植物から分離され、
植物原料を栄養源として発酵する菌のことをいいます。

ちなみにヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、乳(ミルク)という豊富な栄養源の中で育つ「動物性乳酸菌」です。

植物を栄養源として育ち発酵するということは、
栄養源が少ない状態でも生き抜くことができる
ということです。

したがって、ヒトが口から摂取した時、
腸まで到達するまでに消化液(胃液、腸駅など)にさらされるといった過酷な状態の中でも強く生き抜くことが期待できるのです。

植物性乳酸菌のパワーを実証する「ラブレ菌」

【写真A】ラブレ菌(Lactobacillus brevis subspecies "coagulans")©ICAM CO.,LTD.
【図C】「ラブレ菌」と「L.カゼイ菌」の比較グラフ

腸で生き抜く強い生命力

その「植物性乳酸菌」の中でも、特に注目されているのが「ラブレ菌(Lactobacillus brevis subspecies "coagulans" )」と言う菌です。(写真A)

この植物性乳酸菌「ラブレ菌」と、動物性乳酸菌の代表格とされる「L.カゼイ菌」が、それぞれ胃液、腸液の中でどれだけ生き残ることができるかを、試験管の中でモデル的に比較した結果が右下のグラフです。(図C)

食べ物が腸液内にとどまるおおよその時間(約10時間)放置した時、「ラブレ菌」はほとんど死滅せずに1億個強が生き残ったのに対し、「L.カゼイ菌」は約1000万個にまで死滅、激減していました。

人工消化液の中で、より長く、力強く生きていられる「ラブレ菌」には、腸管のパイエル板に作用し、免疫担当細胞を活性化する効果が、より一層期待できるのです。

ラブレ菌のもたらす
インターフェロン誘導能

インターフェロンとは、ヒトの体内で生み出され、生体防御を担う生体調節物質です。
がん細胞などと闘う免疫担当細胞の一つ「NK細胞」を活性化させる働きを持っています。

がん患者や感染症患者の方々の治療のため、人為的にインターフェロンを投与した際に副作用が深刻であったことから、「ヒトに元来備わっている体内のインターフェロン産生能を高めること(=インターフェロン誘導能)のできる食べ物がないか」検討されたことが、ラブレ菌発見のきっかけでした。

当時、日本で2番目の長寿県であった京都の伝統的な漬物に着目し研究を重ねていたところ、代表的な漬物「すぐき漬け」の中に生きている乳酸菌が腸管のパイエル板に作用し、インターフェロンを産生することが認められたのです。

つまり、この日本の伝統的な発酵食品から発見された乳酸菌がラブレ菌であり、
ヒトに安全なラブレ菌を摂取することでインターフェロンを生み出す力がアップし、
免疫力が高まることが明らかになったのです。

実は日本人に馴染み深い「植物性乳酸菌」

「植物性乳酸菌」というと聞き慣れない言葉と思われるでしょう。

日本人は醤油や味噌、漬物、日本酒、なれ鮨などの発酵食品を、
昔から馴染みのある食べ物として摂取してきた歴史があります。

このような日本の伝統的発酵食品に生きている乳酸菌「植物性乳酸菌」です。

ヨーグルトや乳酸菌飲料といった「動物性乳酸菌」は、
日本人が本格的に口にするようになってから、せいぜい50年程度といわれています。

この点からも「植物性乳酸菌」は日本人の健康を支えてきたといっても過言ではありません。

こんなにある、世界の「植物性乳酸菌」

「動物性乳酸菌」の種類はせいぜい20種類程度ですが、実は「植物性乳酸菌」はその10倍以上の種類になるといわれており、東アジアを中心とした世界各国に多様な「植物性乳酸菌」を利用した植物性の発酵食品が存在しているのです。

有名なものでは韓国のキムチ、中国のザーサイ、インドネシアのテンペ(豆類発酵食品)など。
ヨーロッパではキャベツを塩漬けにして発酵させたサワークラフト(ドイツなど)が有名です。

出典元:植物性乳酸菌の知られざるパワー

  • ホーム
  • キレイは、たのし。
  • 風土食品のご案内
  • 4つの漬物語り
  • 漬物の歴史
  • 風土食品の目指すもの
  • 漬けものと健康
風土食品 open10:00-19:30 詳しくはこちら
ページの先頭へ戻る。