第三話 病気を遠ざける食生活

索引
  • 自然いっぱいの緑蔭診療所
  • 免疫力について
  • インターフェロンやNK細胞の働き
  • 腸の健康と病気の予防
  • 年齢とともに漬物が恋しくなる訳
  • 日本人の体に馴染む乳酸菌

免疫力について

免疫力、乳酸菌、インターフェロンなどが注目されていますが。

免疫には、「自然免疫」「獲得免疫」というものがあります。

自然免疫とは生まれつき体に備わっている免疫
細菌やウイルスなど異物が入ってくると、
大食い細胞という意味のマクロファージや
NK(ナチュラルキラー)細胞がこれらを取り込んで分解し、
病気が進行するのを防ぎます。

このマクロファージやNK細胞を中心とする免疫システムを自然免疫と呼びます。

それに対して、獲得免疫というのは
感染することで身につく免疫のことで、初めてかかったときに抗体がつくられ、
次にかかったときにより効率的に治すためのシステムです。

マクロファージや免疫に関わるリンパ球は、
サイトカインと総称される細胞同士の情報伝達物質を分泌して
免疫反応をコントロール
しています。
インターフェロンもサイトカインの一種です。

免疫に関わる細胞やサイトカインは多ければよいというものではなく、
過剰でも少なすぎてもダメ。
免疫は必要なときにちょうどよく働いてくれる状態がベストです。

生まれて間もない赤ちゃんは、母親からの初乳によって免疫力を伝達されています。
初乳の中には分泌型IgAと呼ばれる抗体が豊富に含まれており、
赤ちゃんを感染から守る役割を担っています。

  • ホーム
  • キレイは、たのし。
  • 風土食品のご案内
  • 4つの漬物語り
    • 第一話 漬物と日本人の健康
    • 第二話 漬物で美人になる!
    • 第三話 病気を遠ざける食生活
    • 第四話 伝統的健康食品
  • 漬物の歴史
  • 風土食品の目指すもの
  • 漬けものと健康
風土食品 open10:00-19:30 詳しくはこちら
ページの先頭へ戻る。